関東夏ロボコン2021 競技課題

"Bento delivery!"

各チーム1台のロボットは、「弁当箱」に「料理オブジェクト」を3種類入れて「配達先ゾーン」に置くことで「配達完了」の達成を目指します。

大会概要
名称 関東夏ロボコン2021
競技課題 "Bento delivery!"
開催方法 非同期オンライン(ビデオ提出)
日程(講習会) 2021年8月8日 ~ 9日
日程(結果発表) 2021年9月30日
協賛

関東ロボコン とは

関東夏ロボコン(夏ロボ)とは、関東春ロボコン運営委員会が新たに主催する新人ロボコニスト向けのロボット競技会です。

私たちは今まで関東春ロボコンを「NHK学生ロボコン前の最後」と位置づけて競技の難易度を設定してきましたが、ほとんどのチームが期待される完成度に至っていませんでした。 また、新入生を夏からNHK学生ロボコンに向けた開発に加えるチームにとって、他の大会は開催時期が遅く参加しにくいという問題もあります。

コンセプト concept

NHK学生ロボコン(NHK大会)への参加を目指す団体に、より効果的に利用できる新人教育の場を提供する

ポイント point

  • NHK大会により近いフィールドやロボットの大きさを設定し、同大会で必要となる要素技術を使う(技術継承できる)環境を提供
  • ロボット同士の連携を経験させたいためロボット2台のルールとするが、負担軽減のため1台でも参加できるように設計
  • 新入生を夏からNHK大会に向けた開発に加えるチームでも参加できるよう、8月下旬〜9月上旬に開催
  • 春ロボに参加する新入生にとって、春ロボでよりレベルアップしやすい難易度設定

夏ロボの活用例 case

ロボ 上級生と一緒に参加し、基礎技術を学び、自分たちでロボットを組み上げられるようになる
ロボ
[optional]
自分たちでリーダーシップをとり、上級生に頼らず独力で大会に参加し成績を上げる経験を積む